ポルシェ911のドレスアップ

自動車は誰でも好みの車があると思います。
現在所有している車にはやはり、少なからず愛着があるはずです。

ドレスアップの対象も現在のマイカーということになります。
私はポルシェ911の空冷車が大好きですので、その車が自動車ドレスアップの対象車です。

porsp.jpg

ポルシェ911の空冷エンジン車といえば型式993と呼ばれる自動車が最終型ですので、もうすでに15年前の自動車ということになります。

ですので、例えば国産車でいえば、耐用年数を超えたスクラップになっている固体が普通で、
よほど人気車でもない限り、ドレスアップ用パーツなど専用パーツは生産終了している場合が多いのですが、

ポルシェは20年くらいはほとんどといっていいくらい車体が残っていますし、
旧くなれば、逆にとんでもない値札が付いていたりします。
そこで、旧い年代のポルシェにも、自動車ドレスアップパーツがいろんな会社から出ています。

まして私のように空冷エンジンのポルシェが好きという人も多くて、
状態のとてもよい個体が多いのも事実で、ノーマルでも存在感はなかなかのものです。

ポルシェの場合、リアエンジンなのでフロント荷重が掛かりにくいので、
ドレスアップも兼ねて、フロンとスポイラー、フロントリップといった
パーツを付ける事が多いです。

このパーツは純正もありますが、それ以外も多く材質もゴムやFRPなどがあります。
もちろんリアのスポイラー、あるいはウイングもよく見かけます。 

ポルシェ911ターボなどはリアに立派な純正のターボウイングと呼ばれるものが付いていて、
これに似た社外パーツがたくさん出ています。

porwing.JPG

ポルシェ911はスポーツカーですので、グレードでいろんなパーツが付くことが多く、
それをまねて、あとづけパーツとしてドレスアップパーツの会社から販売されています。

ポルシェ911の場合、純正のパーツの性能が際立っているということでしょう。