アルミホイール

ドレスアップで、一番効果的で、簡単で、最初に手をつけるのは、
アルミホイールでしょうか。

もちろん、アルミでなくてマグホイールもありますが、
一般的には、アルミ製が圧倒的に多いですので
今のところ、マグも含めて、アルミホイールということが多いです。

自動車のドレスアップとはいいますが、
目的の違いで、どのアルミホイールを選ぶか変わってきます。

これが、スポーツカーの場合は、本来の目的である、
バネ下重量の軽減化に一番重点をおきます。

つまり、これにより、性能の向上につながります。
走る、曲がる、止まるすべてに効いてきます。

これでしたら、形より、軽さと強さが重要になります。
鍛造のワンピースホイールなどが、選択肢としてあがります。

たとえば、BBS RGとかRAYSのTE37などが
有名です。
余談ですが、RAYSは今期のF1から、ウイリアムズに
ホイールを供給するようになりました。
ですから、日本から、ENKEIとRAYSの
二つの会社がF1に参加するようになりました。

ホイールを選ぶ場合、インチアップが問題になります。
今は、20インチというサイズもありますから、
18インチなど最近は当たり前になってきて目立たなくなりました。

だからといって、あまりにサイズアップするのも考えものです。
当然、タイヤも超扁平になりますから、乗り心地が悪くなります。

おまけに、クルマとの相性もあって、性能が上がるとは限りません。
それに下手すると、せっかく高いお金を払って買っても
ちょっとした段差を乗り越えたくらいで、リムが曲がることさえあります。

私は、無理な追越をして、無理に段を乗り越えて、
高価なシュトロゼックというホイールを2本もだめにしたことがあります。

特にスポーツカーは、ホイール、タイヤを含めて
最初からそれにあわせてチューニングしてあることが多いので
注意が必要です。